11月, 2011年

石川

2011-11-10

「県民性・石川」

「北陸」と耳にすると、耐え忍ぶ我慢強いイメ−ジが浮かぶ人も少なくない事でしょう。
石川県民もまさに、我慢強さをしっかりと備えた気質であり、基本は保守的でおっとりしています。

歴史を振り返る時、かつては加賀百万石を抱えた石川県。
争いを好まず平和主義の人達が主流だったため、「有事の際の対処法を知らない人達」と言われる事もあった通り、確かにあまり自己主張する訳でもなく、即時の決定力を欠いた気質性格であるのは事実だと言えます。

城下町として長年栄え続けた地元に対する誇りとプライドは高く、近隣県の富山県や福井県と一括りに語られる事に不快感を抱く人も少なくありませんから、会話の際には注意が必要です。
資産運用に関する「財産三文法」なる投資関連の言葉ではありませんが、特に石川県の金沢人には「貯蓄を骨董、不動産、商売の3つに分けて保有すべき」という古くからの価値感を今も継承している人が少なくありません。
山にも海にも恵まれた基本的に豊かな風土に恵まれた環境の元、冠婚葬祭も派手な傾向を見せるのも石川県の特徴です。

男性は優しくて頭脳明晰なタイプであると同時にプライドも高く、なかなか本音を表に見せない傾向が見られます。
恋愛に関してはどちらかと言えば奥手消極的ですから、アプロ−チは女性からというのがベタ−ですが、これが交際がスタ−トすると一変して「俺に黙ってついて来なさい」へと変化を見せたり、結婚後は典型的な亭主関白になったりと、ある意味興味深い性格と言えそうです。
それでも相手の言う事はキチンと聞ける姿勢を持っていますから、良きパ−トナ−となってくれる事には違いありません。
女性はコツコツと物
事を積み重ねる事が出来る地道な堅実派タイプですが、それが女性らしさを欠いてしまう事に繋がる事も。
ファッションや流行には関心を持ち敏感で、自分自身の価値観を持ち、田舎っぽい印象を感じさせません。
恋愛に関しては、男性同様簡単に素の自分を見せてはくれませんので、攻略には時間を要しますが、ここは短気は禁物で根気良くアタックを続けて下さい。
結婚後、離婚率が低いのも石川県の女性の特徴の1つです。

鳥取

2011-11-10

「県民性・鳥取」

東北程の積雪量でもなく、温暖な地域とも言える鳥取県は、その気候風土が育んだ穏やかな県民性が特徴です。
歴史を振り返れば、大化の改新までは、東部の因幡と中西部の伯耆(ほうき)の2つの別々の国であり、それが後年統合された経緯が確認出来、この事からも地域別で県民の気質は今日も顕著な違いを見せており、それは「雨の因幡、風の伯耆」という言葉でも表現されています。

因幡の人達は基本、真面目で口下手で働き者で、一言で言えばその性格は消極的です。
米子方面の伯耆の人達は、積極的な一面もあり、金銭面にシビアな商人気質を有し、女性の方が男性と比較してアクティブなのが特徴です。
鳥取県人と相性が良いのは、隣県の兵庫県民というのが定説です。

因幡の男性は既述の通り、真面目で口数も少なく、彼氏や結婚相手としては非常に高得点を与えられる気質ですが、やはり地味で、恋愛に関しても基本奥手ですから、女性からの熱心なアプロ−チを重ねたとしても、結果として進展に時間がかかってしまう事が多々見受けられます。
伯耆の男性は恋愛面でも積極性を見せてくれますし、比較的早い時期に結婚する傾向もあり、結婚後は亭主関白となるのが一般的です。

因幡の女性も男性同様、真面目な努力家で、恋愛面は男性に対する警戒心が強い慎重派ですから、男性はそう簡単に攻略出来ない可能性大です。
焦る事無く少しずつ相手の警戒心を解いて行く努力が求められます。
伯耆の女性は小さな事では落ち込んだりしない楽天的で芯の強いタイプですから、男性からのアプロ−チもフランクでOKでしょう。
あくまで自分流で、電話、メ−ル、プレゼントなどを上手く活用して下さい。
結婚後は金銭管理に長け、貯蓄観念も兼ね備えた良き奥さんになります。

長野

2011-11-10

「県民性・長野」

日本でも有数の長寿県で、それは高齢者の医療費が少額である事、入院日数が短い事など、県民の健康状態の良さがはっきりとデ−タ面でも証明されているのが長野県です。
それは日々の規則正しい生活と食生活の節制を維持出来る、キチンとした性格が脈々と受け継がれた結果と言えるのでしょうし、、精神面は非常にタフで、ストレスの処理も上手なのも、長寿の秘訣と思われます。

長野県は他にも日本一を幾つも有しており、「隣接県数(富山・新潟・埼玉・群馬・静岡・山梨・愛知・岐阜)」もその1つです。
江戸時代の寺子屋教育時期依頼、教育にも非常に熱心な事でも知られており、広い面積を誇る県内は、地形地域に因って、当然異なった気質を見せています。
北信地方は冬季は積雪も多く、辛抱強い性格を育み、対して比較的温暖な南信地方は総じてのんびりタイプが中心です。

長野県の男性は何事に対しても真面目に取り組める粘り強いタイプですが、頑固な一面が時にマイナスに作用する事もあるようです。
恋愛には奥手な彼等と相性が良いとされるのは、相手を包み込むように見守るタイプの女性で、デ−トも食事やショッピングといった、王道的なチョイスが無難でしょう。
南信地方の男性はそれでも恋愛にはそこそこ前向きなので、こちらは直球勝負の方が効果的かも知れません。
男性から誘ってもらえれば、その時点で「勝利確信!」といった感じです。

対して女性は現実主義。
基本真面目なのは男性と共通しており、チャレンジ精神も旺盛です。
最初のデ−トに持ち込めるかどうか、が最初の山場ですし、その後もそう簡単に進展が望めない、男性からするとなかなか手強いのが長野県の女性。
北信地方はお
おらかで活発ですが、こと恋愛に関しては基本は受け身です。

結婚後は家庭をしっかりと守る良き妻となり、離婚率も少ないのが特徴です。

山形

2011-11-10

「県民性・山形」

山形と言えば、東北を1番感じさせてくれる地域とも言われ、盆地地形が招く気象条件は時に厳しく、冬は豪雪で夏は時に酷暑と、大きな変化を見せ、自然災害も多く発生する中、長年それらに挑み続けた歴史が、山形県民に「努力家」という気質を確実に育みました。
基本的には概して内交的で人見知りも比較的強く、見知らぬ人とのファ−ストコンタクトはどちらかと言えば不得手だったりします。

豪雪地帯と言われますがその実、日本海側の庄内地方はそれ程でも無く、米作が栄え、古くから県外との交流も盛んで、社交性に長けた一面を有しています。
そんな山形県民は地域によって気質の違いがあり、酒田方面は陽気で恋愛に関しても積極派、米沢や鶴岡地区の男性は頑固真面目一徹で、どこか見栄っ張りでもあります。
女性は男性主導中心の歴史の中、辛抱強い性格を身につけています。

山形の男性といえば、努力家で物事をひたむきにコツコツと継続出来る粘り強い性格故、時にストレスを抱えてしまう事も。
金銭感覚も厳しく細かい傾向があり、デ−トでも割り勘志向で、どちらかと言えば地味ですが、仕事に対しては真面目勤勉を崩す事はありません。
恋愛も基本は慎重派で奥手ですから、女性からのアプロ−チも焦って畳み掛けるのは禁物です。
プレゼント攻勢をタイミングを計り乍ら重ねると効果的でしょう。

女性は控え目で、どこか愛想が無い雰囲気を漂わせる事もありますが、非常に女性らしく結婚願望が強いタイプが多く、結婚後も家事と仕事を見事にこなします。
恋愛に対してもあくまで真面目真剣ですから、軽いノリには反応してくれませんから、男性からのアプロ−チは結構苦労する事でしょう。
こちらも焦りはNGで、まずは男性自身の存在を認識してもらうところから、地道な努力が必要と言えます。

茨城

2011-11-10

「県民性・茨城」

豊かな土壌と温暖な気候にも恵まれ、その性格は基本古風で保守的で、家柄格式を思気に置く傾向が見られる茨城県人。
「こいのぼり市場」と言われる程、端午の節句への思い入れは強く、冠婚葬祭も比較的派手に行います。

茨城県の中でも特に水戸の男性は「三ぽい(怒りっぽい・理屈っぽい・骨っぽい)」で知られる、かつての水戸武士そのままの性格と言われていましたが、昨今は概してその限りでも無く、言葉遣いこそ少々荒い印象こそあれど、義理人情に厚く金銭感覚には細かい一面を見せています。
それでも口下手で、特に瞬間湯沸かし器の如く頭に血が昇ってしまう性格が誤解を生んでしまう場面を招く事もあるようです。

茨城県西部や南部の土地柄はのんびり派ですが、これまでの歴史を振り返ると、河川の氾濫などの大災害から立ち直って来た経緯から来る芯の強さを持ち合せ、協調性もありますから、彼氏や旦那さんとしてはおススメの性格と言えますが、貯蓄面の感覚を欠いた、金銭管理面ではやや大雑把な点が見受けられます。

茨城県の男性は概して、根は真面目で人当たりも柔らかな一方、特に北部の男性には見栄っ張りな一面を持ち、金遣いも豪快な傾向が見られます。
相手の顔色を伺ったり察するのが不得手ですから、時にKYの印象を与えてしまう事もあります。
対して南部の男性はのんびり志向で、恋愛に対してもフランクな姿勢ですので、こちらは女性からの積極的なアタックが効を奏する事でしょう。

女性は全体的に辛抱強くて筋が通ったしっかり者ですが、こちらも見栄っ張りな部分を共有しているので、そんな茨城県の女性の心を射止めたいであれば、とにかく直球勝負でダイレクトに想いを伝えるがベスト。
北部の女性は流行に振り回される事も無く、基本的に保守的で、結婚後も家計を堅実にやりくりするタイプなのに対し、南部はミ−ハ−な一面を持っているので、こちらは衝動買いも得意技ですから、結婚後の金銭管理は男性がしっかり目を光らせる必要があるかも知れません。

新潟

2011-11-10

「県民性・新潟」

かつては優柔不断でどこか弱弱しいイメ−ジの男性達を揶揄する家の如く、「男の子と杉は育たない」と言われた新潟ですが、それも過去の話で、最近は逞しく力強い男性も増加中です。

日本海側に位置する県の中では、首都圏に最も近く、交流も以前から盛んであり、四季が明確で、冬季の豪雪期間は国内に留まらず、ハワイやカナダなどの海外にまで出稼ぎに出向く程の積極性を秘めた新潟県人は、基本は真面目な努力家型で、見栄を張る傾向もありますが根っ子はお人よしの憎めない性格であり、総じて保守的な部分は農業が盛んな他の地域に通じるモノがあります。
流行に流される事も無く、あくまで慎重派であり、地元新潟を離れたくない、と考える人の割合が多い事もデ−タで証明されており、外部からの転入者が多い新潟市と、昔からの新潟県人では当然気質も明確に異なっています。

新潟県の男性は仕事熱心で粘り強く、頑固者で嘘を許しません。
自身の本道を全うするタイプですが、柔軟性も持ち合せており、常に冷静な判断を重ねて行きます。
恋愛に関しては消極的ですから、女性からアプロ−チを掛けた方がベタ−です。
好みのタイプのストライクゾ−ンも広く、誘いには気軽に応じるタイプですから、浮気の可能性が懸念されますが、結婚後はしっかり一家の大黒柱として家族を守り、浮気の心配も無くなります。

女性に関しては、特に新潟市の女性は明るく社交的で、友人を非常に大切にする情熱家です。
お祭りなどの行事にも率先して参加し、エンジョイするタイプです。
男性から熱いラブコ−ルを受けると意外と弱く、押し切られてしまう傾向を持っていますが、これに対して新潟市外の女性は恋愛も慎重派ですから、情熱的過ぎるアプロ−チは逆効果。
控え目にじっくりと想いを伝えて行くのが効果的です。
地域に関わらず、新潟の女性を口説く際に大切なのがタイミングで、これを見誤ってしまうと、その後の展開が厳しくなりますから、ご注意を。

北海道

2011-11-10

「県民性・北海道」

日本で最も広大な面積を有するその土地は、冬季は凍える程に寒く、積雪に覆われる事で知られる北海道ですが、そんな厳しい諸条件環境を想像させない程の、おおらかな気質を持つ北海道民は、地方人ならではの保守的な面も見せる事は無く、大地同様の開放感を感じさせる県民性も兼ね備えています。
冠婚葬祭に関しては基本は控え目で、お金を掛けずに行う価値観が根付いています。

「道産子(どさんこ)」・・・これは北海道の馬の名前がそのル−ツですが、この言葉が道民を称する一般的な言葉となって久しくなります。
突出した広大で豊かな大地で暮らす人々のイメ−ジは、開拓者精神溢れる屈強な印象ですが、その実はおとなしい人が主流で、比較的物静かな気質が一般的です。

女性のイメ−ジも、北の国ならではの色白な大人しい印象を抱きがちですが、こちらは活発でしっかり芯が通ったタイプが多いのが現状で、これは男女を問わずに重要な労働力として働き続けて来た歴史が育んだ特徴で、男性に負けない程の生命力を感じさせる女性もあちこちで見掛けます。
外部からの転入者が多い札幌では、道内でも外交的な性格の人達が集い、札幌ならではの気質を形作っています。

北海道の男性の気質は、地域別で違いを見せ、札幌圏内は物静かで言葉数も少ない半面、その実遊びが大好きで、恋愛はさほど積極派でも無い、という、何とも複雑だったりします。
女性から突破口を開いて行くべく、ある程度積極的なアプロ−チがベタ−だと思われます。
内陸部の男性は人見知りする傾向を見せますが、普段は無口でも恋愛に関しては前向きに行動し、好みのタイプは落ち着いた感じの一歩退いた感じの女性です。
そんな彼らを射止めたいのであれば、おしとやかさをそれとなく伝える仕草や作戦を用いて下さい。
函館、小樽といった港町の男性も、恋愛には積極派ですから、そんな彼らに対しては、直球勝負が1番です。

対して北海道の女性の気質、札幌圏内は新しいモノへの興味が強く、オ−プンな性格で、ファッション感覚にも鋭く長けていますから、男性側も服装などに手抜きは厳禁です。
あくまでスマ−トなアプロ−チでなければなりません。
内陸部の女性は堅実で実直ですから、相手の母性本能を上手く突く作戦が効果的でしょう。
港町の女性は気兼ねの要らないサバサバした性格ですから、男性からのアプロ−チも余計な事は抜きのストレ−ト勝負で行きましょう。

岐阜

2011-11-10

「県民性・岐阜」

かつて「美濃を制する者は天下を制す」なる言葉がありました。
京都が都であった当時、そこからほど近い日本のほぼ真ん中に位置する岐阜は、多くの合戦の舞台となった事でも知られており、そんな歴史が育んだのか、そうそう簡単には相手に気を許さない警戒心が強い性格を持っていますので、岐阜県民と本当の信頼関係を築くのであれば、まずは徹底的にこちらの誠意を相手に示し、理解して貰う必要があります。

同時に岐阜は、河川の氾濫といった自然災害から幾度も復興した歴史も持っていますから、一旦築けた信頼関係から、いざという時には最高に頼れる存在となってくれます。
非常に勉強熱心で金銭感覚も堅実派ですが、少々気まぐれで見栄を張る傾向も持ち合せており、それは派手な冠婚葬祭からも伺い知れます。
そんな岐阜県の人達は、県北部の飛騨地方と、南部の美濃地方で事なる性格を見せますが、これも地形や気候の違いから来るモノだと思われます。

そんな義父の男性は、堅実派で保守的であり、特に美濃の男性の向学心に溢れ、金銭感覚も非常に厳しく、商人としての才能にも溢れています。
更には「美濃かたり」と言われる程のしたたかさも兼ね備えているのが特徴です。
飛騨地方の男性も根っ子は共通しており、律義で恋愛にも積極的で、穏やかで金品を大事に出来る女性を好む傾向があります。
似た性格の長野県の女性との相性が良い、と言われています。

岐阜の女性を語る際に真っ先に思い浮かべるべき存在が、山内一豊妻・千代です。
取り立てて長所を持たない平凡な彼を、一国の大名の地位まで押し上げた、千代の力は着目に値します。
そんな歴史が語る通り、辛抱強く真っ直ぐで、離婚が少ないというデ−タも出ています。
根が慎重派で見慣れぬ事に対しては消極的ですから、恋愛も成就には時間が掛かってしまうかも知れませんが、それでいてブランド物が大好きな面も持ち合せていますから、プレゼントが攻略の鍵となるかも知れません。

熊本

2011-11-10

「県民性・熊本」

昔からの豊かな土壌と温暖な気候故、農業に適し、自給自足での生活が可能な環境で歴史を刻んで来た熊本。
そんな環境が育んだ気質は、ズバリ保守的。
そんな熊本県民は強い郷土意識を持ち、熊本男子は「肥後もっこす」と言われる、頑固で意地っ張りを絵に描いたかの如き九州男子の代表的なイメ−ジであり、実際その通りの男性が多いのも現実です。
基本保守的で、新しいモノにも無関心な傾向だと捉えられがちですが、若者達はそうとは限らず、新しいモノへの興味も強く、積極的にそれらを取り入れようとしています。
女性に関しては「熊本美人」と称される通り、芸能人では石川さゆり、森高千里、小嶺麗奈などの美女達を輩出していて、そんな熊本美人のナンパを目的に他県から訪れる男性が途絶える事が無いという話も?・・・

男性の気質は「もっこす」と称する通り、まさに九州男児代表、といった強情な第一印象で、実際にそう簡単には自身の考えを変えたり前言撤回する事はありません。
他人への意識も強く、競争となれば燃えたぎる性格は恋愛に関しても共通しており、周囲が反対したり、他の異性の存在が引っ掛かったりしようモノなら、それこそ爆発的に炎上してしまいますから、女性としてはこの辺りを巧みに操ると効果大でしょう。
とにかく一途ですから、自ずと結婚時期も早いデ−タがあり、亭主関白の塊と化しますが、おだてて掌の上で転がす事も簡単な、言葉は悪いですが「単純な」性格です。

女性はそんな男性に対し、奥ゆかしく辛抱強い性格というのが定説でしたが、昨今の女性の自立志向の高まりも影響しているのか、ブランド好きで流行に敏感な傾向が見られます。
ですからブランド品のプレゼント作戦が効果的だと思われますが、1度相手から「ごめんなさい」の一言が出れば、それをひっくり返す事はまず無理でしょう。
負けを悟ったなら、未練がましく粘らず、速やかに次へ気持を切り替えねばなりません。

奈良

2011-11-10

「県民性・奈良」

大阪の食い倒れ・京都の着倒れ、に対し「奈良の建て倒れ」「奈良の寝倒れ」という言葉が存在しています。
これらは奈良県人の気質である、のんびりした点を揶揄しており、穏やかな気候と豊かな土地を有し、昔から農業中心の歴史を重ねて来た奈良県。
東に朝日を確かめれば働き始め、西に落日を見れば仕事を終えて帰宅するシンプルな生活スタイルを長年繰り返した事が、その語源だとの説があります。
繁華街も夜が早いのも特徴で、午後11時には飲み屋街もシャッタ−街となる、という噂も信憑性がありそうです。

基本的にのんびりした奈良県民は、協調性に長けた一面を持ち、優れた順応性を見せます。
大阪のベッドタウンとしても機能しており、他県からの転入者も増え続け、現在では総人口の半数が転入者で構成されている、との説もあります。
当然大阪の影響を強く受けており、更に変化を見せ続ける県民性ですが、それでも大阪特有の濃くキツい印象はありませんから、怖く感じる事も、とっつき難さも感じません。

男性はのんびりスロ−ペ−スの平和保守的主義者。
これが結果、向上心を欠いている風に映る事もあり、これは恋愛に際しても同様で、基本は受け身で女性から声が掛かるのを待ってしまう傾向が顕著ですが、女性に対してはあくまで紳士的に接し、相手の話にもキチンと耳を傾ける事が出来ます。
奈良県民である自身に対し、秘かな独自のプライドを持っていますから、女性からのアプロ−チに際しては、奈良をさり気なく褒めてあげる話題がベストです。
浮気する事も無い、旦那さん候補としては非常にポイントが高い存在と言えます。

対して女性は控え目でこちらもスロ−ペ−ス派に映りますが、その実は芯が通ったしっかり者でアクティブタイプです。
男性に対しても自ら積極的に想いを伝える事が出来、幅広い友人関係にも恵まれています。
南部の女性は大人しい印象ですが、流行には敏感で買い物好きですから、攻略法としてはプレゼント作戦が効果的でしょう。
話題の店をデ−トの行き先にすると喜んでもらえそうです。
奈良の女性は総じて、結婚後は家庭に入り、専業主婦となる比率が多いようです。

« Older Entries Newer Entries »
Copyright(c) 2012 無料のアダルト出会い All Rights Reserved.